スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後2日目(4月26日)

  
  
  
術後2日目の夜を担当してくれた看護師さんは、特に気さくで機転も利く本当に良い人だった。

どーもお世話になりましたm(^_^)m




流石に2日間、満足に眠れていないこともあってか入院3泊目の25日夜はよく眠れた。

ただ、ずっと同じ姿勢を7時間続けて眠っていたので、目が覚めた時の腰、背中の痛みは半端無かったが。



さぁ、今日は待ちに待った患部からの出血抜きのドレーンが抜ける日だ!

そして歩くことが出来る!

自由になったら何を食べてやろうか。

アイスクリーム、リンゴジュース、菓子パン・・・食べたいものは山ほどある。



あともう少し。

ここまでよく頑張った!と自分を褒めてやる。




7時30分

朝食を完食。



そして9時30分

回診で待ちに待ったドレーンが抜けた!

ヤッホー~!!!




ドレーンが抜けると同時に、首にカラーが巻きつけられる。

うぇ・・・これがカラーか。。。

こいつとは2ヶ月のお付き合いと言われているが、なんかもう違和感ありあり。




じゃぁ、ベッド起こすよ~

看護師さんが電動ベッドの背もたれ角度を徐々に上げていってくれる。

が、痛い痛い~ストップストップ!!首にズシンと重力が掛かってヒリヒリ痛む。

生まれて初めて、頭って重いんねんなぁ、と思った瞬間だった。




背もたれの角度を40度ぐらいで止めてもらって体を慣らす。

最初は息をするのもシンドい。

術後、ずっと寝たままだったので首に負荷が掛かることは殆ど無く、手術した実感もあまり

無かったのだが、この時、俺は首を手術したんや・・・とつくづく思った。




1時間ぐらいこのままの姿勢でいただろうか。

だいぶこの姿勢に慣れてきた。

そーっと、体の向きをかえて外を見る。

窓から外が見えた。 外や~久し振りやな~!






11時

医師が病室に来てくれ、いよいよ歩行器を使っての歩行を始める。

ずっとベッドで寝ていた為、足に血栓が出来ていた場合、それが肺などで詰まると危険なので、

最初の歩行は必ず医師付き添いの下で行わないといけないらしい。



は~いベッドに腰掛けて立ち上がりましょうか~

簡単に言ってくれるが、立ち上がる瞬間、首に掛かる重力は相当なものだ。



よっこらしょ・・・

重量挙げの選手が、バーベルを一旦肩まで引き上げ、その後頭の上に持っていくような感じ、、、

と書けばお分かりいただけるでしょうか。

ズシン、ズシンンと首に負荷が掛かる。。。

ホントこの時は、「この先どうなるんや・・・」と思った。



首の手術ってワーワー騒いでるけど、こんなもん気合と根性でどないでもなるわ!

正直、ここまでそう思ってたけど、

「こりゃどうにもならんわ・・・・」と観念したのでありました。




でも、一旦立ち上がってしまうとそこからは結構いけるいける。

ホイホイホイ~と歩行スタート。

10mほど歩いたところで、

「大丈夫ですね、じゃ」、と言ってお医者さんがその場を立ち去っていく。

お医者さんは忙しいからか、あまりに自分が普通に歩いてるからかは知らないが、

横で看護師さんがクスクス笑ってる。



最初からあまり無理をしないように、とのお達しで一旦病床に戻るが、歩けることが確認できたことで、

尿管に入ってた管が抜かれる。


「息を吐いて楽にしてくださいね~」

フ~。。。

スーっと体内から管が抜けていくのが分かる。

なんか妙な感じがしたが、取り敢えずまた一つ、普通の体に戻っていく為の儀式が一つが終わった。

残り身体に入ってる針は、左手に刺さった点滴用の針だけになった。

この針も、この日夜の点滴が終われば抜けるヨ、と教えてくれた。

そして取り敢えず、5Fのフロア内なら歩行器付きで自由に歩く許可が出た。





12時

昼食完食。



リアルな話になるが、食欲はあるが便通がない。

昨日3食完食+今日もここまで2食完食。

おかずは大したこと無いが、ごはんは毎回丼鉢にたっぷりの量。

細身?の割に大飯ぐらいの自分でも全く不足を感じない量を5食食べ続けるのみでは、

さすがにお腹のあたりが張ってくる。




13時30分

看護婦さんが熱いタオルを3枚持ってきてくれ自分で身体を拭くと共に、

術後用の前開きの浴衣から普通のパジャマに着替える。

スッキリ、でもまだ何か気持ちが悪い。


3日前の昼ににシャワーを浴びてから、ここまでほぼ寝たままだったが、

術後に結構汗をかいたので、出来れば明日シャワーを浴びたいと申し出ると許可が出た。



それと浣腸はもう嫌なので、看護師さんに頼んで寝る前に柔便剤を飲むことにした。

また、病院食は食中毒を恐れてからか生モノが全く出てこないので、

家族に、「来る時に野菜サラダを買ってきて」と頼んだ。



天気が良かったので病室の窓を開けてもらうと、外の風がヒュー~っと入ってきて

心地良かった。



自分の力で動けるようになり、ホっとしたのかしばらく昼寝。

意識して無かったけど、やっぱり色々気が張ってたのだろう。




ここからは時間が経つのが早かった。




18時

夕食完食。




20時半、最後の点滴が始まり、終わると共に針が抜け、これで身体から全ての針、管が外れた。

022_convert_20140515122327.jpg


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。