スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏式バルブへのエア注入

昨日は最初から天気予報が悪かったので諦めてましたが、今日も雨とは・・・。
結局、今週末は自転車で何処にも行けず家でノンビリと自転車いじり。

最近、仕事で疲れ気味だったので、まぁここらで休養出来て丁度良かったかも。
良いように考えていきましょう。 


さて、嫁さん愛用の「Bruno Road Mixt fb」
09042606


クイックレバーなのでタイヤの脱着も容易。
(それでも初めて外す時は、どうすんねん?!と戸惑ったもんですが(^^))
09042604



タイヤは仏式バルブ。
09042601



ブロンプトンの米式とは形状、大きさが異なります。
09042603


因みにママチャリは英式。




これまた初めて仏式バルブにエアを入れる際、どうすんねん?状態に陥りました。
米式、英式はバルブに口金を差し込んでポンピングするだけでOK(勿論、対応のエアポンプが必要)ですが仏式はそれだけではエアが入っていきません。

先端の子ネジを一杯まで緩め、更に先を一押しして「プシュ-」と少しエアを抜いてから口金を装着→ポンピングするとエアが入っていく仕組み。
09042602

いずれも一度やってしまえばどうってことない話ですが、何も知らない自転車ド素人は、初めの一歩目、予想外のことでつまずいてしまうこと、少なくありません。


まぁでも最近は分からないことがあってもネットで検索すると親切な方が手順をUPしてくれたりするのでかなり助かってます(^^)
まだまだ日々勉強。。。


明日も皆さんにとって良い1日になりますように。


 

↓宜しければポチっとお願いします↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 旅行ブログへ





テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : Bruno メンテナンス

コメントの投稿

非公開コメント

ポンプ

41才の春 さま。こんばんは

私もブルーノに、アダプターつけて入れていますが、やはりめんどくさいので、ひらめの付いた、ポンプが欲しいですね。
台数が増えると、英、米、と仏の専用のポンプが欲しいです。(笑)

まはろみつる さん

こんにちは。
確かに専用のポンプがあるとイイなぁと思いますね。
仏式バルブは先が細く折れる心配もあったりと脱着時には少々気をつかいます。
エアポンプも色々種類があるようなので次買う時はもっと吟味して買うことにします。
台数が増えるとそれなりに常備品も増えてくるので大変ですね(^^)

空気圧

こんばんは。
週末から続いて、今日も寒いですね。
41才の春さんは、ブロンプロンの空気圧、
どれくらいにされてますか?
タイヤには「6.8bar」なんて表記がありますが、
私には硬すぎて、かなり乗りにくい…。
ので、自分にとっての最適圧を探して、
3気圧あたりまで下げて乗ってましたが、
低すぎないか?と心配になってまたちょっと上げてみたり。
走り方や場所で印象が変わってのでしょうが、
上げ下げしてるうちに、よく分からなくなってきました。

イカルガ さん

こんばんは。
寒いですねぇ。カゼひきそうです。

ブロンプトンの空気圧ですが、私は5~5.4で走ってます。
やっぱり6超えてくると振動もガンガン伝わってくるんで乗り味は悪くなりますよね。
でも3は少し下げ過ぎかもです。
低くても4ぐらいにしないとパンクの危険がある、とメンテナンス記事で読んだ記憶があります。
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。