スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良・古道巡りポタ(大野寺~榛原~又兵衛桜~上街道)③

貧乏ヒマなし。
ブログをアップする時間がなかなかとれない。
PCも古いから余計更新に時間が掛かる。
1日30時間ぐらいあればイイのに(^-^)


寝言はこのへんにして土曜ポタの続きです。
何とか今日で最後まで書ききりたいとこですがどうなるか。。。



朝倉駅付近から大和川沿いをしばらく走ると三輪へ到着。
正月用の臨時切符売り場がありました。
09041145



今回は寄りませんでしたが大神神社へ向かう参道はこんな感じ。
09041146



デカい鳥居。
09041148



この鳥居の直ぐ北側、R169から枝分かれする形で上街道が北に延びます。
09041149

街道は6世紀後半から7世紀にかけて整備された古代計画直線道路のひとつとされ、奈良県内を南北方向に延びる道としては最も東側に位置する街道
奈良から長谷寺、室生寺、三輪明神への参拝道として賑わったほか、大坂、京都、奈良方面から伊勢方面を結ぶ「伊勢街道」のひとつとして機能したそうです。



感じのいい道をぶ~らぶら北上。
09041147



見にくいですけど「歴史街道」の表示が。
09041150



井市巻向周辺には細かくこんなタイルが道に埋め込まれているので迷う心配は全くなしです。
09041151



巻向駅で線路を跨ぎます。
09041153



街道から東を見た風景。
山の辺の道へと続きます。
山の辺の道はここから距離にして数百m東側を同じく南北に走る道ですが、一度に2つの道を走ることは不可能なんでまた今度。
09041154



のどかな景色が広がる中、北へ進みます。
09041152



南を振り返れば大和三山として知られる耳成山の後ろに畝傍山が重なって見えました。
09041155



「柳本道路元標」とあります。
ここは天理市柳本町。
09041157



上街道から僅かの場所にある黒塚古墳へ向かいます。
09041158



公園として綺麗に整備されてました。
09041159



の木も沢山植えられてて隠れた名所かも。
09041160



ここで思わぬ天からのプレゼント。
突然、強い風がヒューっと吹いての花びらがパラパラ~っと散りました。

猛吹雪。
これほど見事な吹雪は初めて経験したかも。
近くで遊んでいた子供が興奮して走り回ってましたけど、その気持ち、十分理解出来たよ(^-^)。
09041180



09041161



地面には散った花びらが積もってじゅうたんのよう。
09041162

綺麗に咲くもイイですが、パーッと散る姿もなかなかのもの。
今年は雨で散ることなく風に吹かれてパラパラ散る姿が随所で見られ、最後まで存分に楽しめました。



再び上街道に戻って北上します。
09041163



大和(おおやまと)神社。
09041164



国道を越えて更に北へ。
09041165



しかしこのへんで道が途絶えてしまった。
天理市櫟本町付近からしばらくの間、直線道路の痕跡が残っていないとのことなので仕方ありません。
09041166



一本山側の県道を北に向かうと、天理親里ホッケー場がありました。
09041167



ホッケー場を見るのは初めて。
フェンス越しでしたが人工芝が敷き詰めてあり綺麗なグランドでした。
09041168



天理市中心部に入ってきました。
車が横を通り過ぎる度、チラチラ~と散っておりました。
09041169



天理高校。
とても学校には見えない建物です。
09041170



天理教本殿前。
09041171



天理本通り商店街。
天理駅と天理教教会本部を結ぶ東西約1kmに及ぶ商店街です。
商店街の中は天理教の法被を着た信者さんが多数いてちょっと変わった雰囲気。
09041172



スポーツ店では「天理高校野球帽」と「うちわ」などが売られてました。
09041173



天理駅の北側で見失った上街道を再度発見。
09041174



読解不能。
09041175



西名阪自動車道の下をくぐります。
09041176



更に北へ。
09041177



先週通った帯解寺の前を再び通過。
天気も良く、多勢の方が安産祈祷に来られてました。
09041178



JR井線の沿う形で更に北へ進みます。
市内循環バスが走る通りを通過していよいよ奈良旧市街地へ。
09041179



さぁこの道はどこに辿り着くのやら。。。
奈良町に突入。
09041180



突然真っ赤な鳥居が出現。
南都御霊神社。
桓武天皇の延暦19年(800年)に創建されたと記されておりました。
09041181



中を覗いてみると八重桜が綺麗に咲いてました。
桜漬けポタの締めにと一枚記念撮影。
09041182



ならまちふきんのお店の脇を通ります。
09041183



最後、辿り着いたのは猿沢池の畔。
09041188

こんな所までずーっと道が続いてたとは今まで全く知らなかった。
途中、天理市内で道が途絶えてたのは残念でしたが、全体的に路面の状態も良く走り易い道でした。



室生口大野駅から榛原、大宇陀、桜井を歴て奈良市街まで完走。
下り道が多かったのでそれほど疲れませんでした。
空気良し、水良し、景色良し。
道中ウグイスが鳴く声を何度耳にしたことか。

旧街道は道幅が狭く車では走りにくいですが、反面自転車にはもってこいの道。
昔ながらの隠れた名所、老舗のお店を探すのも醍醐味の一つ。
こりゃしばらくの間、古道巡りにはまってしまうかも(^^)



長々と最後までお読み頂きありがとうございました。
明日も皆さんにとって良い1日になりますように。




↓宜しければポチっとお願いします↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 旅行ブログへ




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : 奈良 街道 古道 寺社仏閣 ならまち

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

いつも通っている道ですが
詳しい解説を頂き勉強になりました。(ペコリ)
上街道って言うのですね。走り易い道で大好きです。

桜吹雪凄かったんですね。
まるで紅白歌合戦のラストみたい。(^^ゞ

3日間に渡っての記事楽しく拝見させて頂きました。
お疲れ様でした。

すばらしいポタですね!!

この古道巡りポタのレポート、読み進むに連れどんどん引き込まれていきました。

あつかましくも、これは私のためにアップされたレポートのように感じました。

もともと行きたかった山の辺の道や昔の趣のある古道や旧街道は是非行ってみたいです。

それにしても奈良らしさ満載のコースですね。

きみごろもも想像とちがっていたのでなおさら食べてみたいです。

すばらしいレポートありがとうございました。

旅心を思いっきり刺激されました。

鹿男 さん

こんばんは。
解説だなんて、、、全部受け売りですから(^^)
私もこの道が上街道と名前が付いてるなんて知りませんでした。
自転車に乗るようになって色々調べるようになりました。
これも効用の一つでしょうか。
見落とした名所が幾つかあったのでまたそのうち行ってみたいです。
突然始まった桜吹雪、前が見ずらくなる程でした。
またいつか何処かであんな場面に遭遇してみたいものです。
日が合えば街道巡り一度ご一緒したいです!
こちらこそいつもありがとうございます。

tac-phen さん

こんばんは。
何となくtac-phenさんはこんな道好きだろうな、と思ってました(^^)
奈良にはまだ他にも華やかな古道から隠れた古道まで色々あるので、またおいおいレポート出来れば、と思ってます。
勿論、美味しい和菓子も追求していきますから楽しみにしておいて下さい。
今回は天気も良く思い描いてた通りのポタが出来ました。
またご一緒しましょう!
こちらこそいつもありがとうございます。

No title

古道めぐりのポタ、お疲れ様でした。
いやー本当にいいコースですぐにでも走りたくなりましたよ。
自転車道をのんびりと走るのもいいですがこんな雰囲気のある古道を走るのも惹かれます。

山の辺の道も行ったことないので行きたいのですがここは歩きながら買ったばかりのライカでじっくり撮り歩きたいなって思ってます。

1日の時間が足りませんよね(汗)
私もやらなきゃならない事が多すぎてブログのアップも厳しい状態です。

kimotoshi さん

綺麗に整備された自転車道もイイですけど旧街道はまた違った雰囲気があって良かったです。
これからの季節は自販機があると何かと助かりますし(^^)
仰る通り、山の辺の道は地道や階段があったりして自転車じゃ厳しかもしれませんから歩きながらがベストでしょうね。

私も時間が無くて4月から自転車操業が続いてます(^^)
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。