スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良~しまなみ海道へ⑤大島・亀老山展望台~伯方・大島大橋へ




来島海峡大橋を渡って大島に入った後は、

しまなみでピカ一の眺望!と言われる亀老山展望公園(標高307m)へ向かった。


125_convert_20111010235953.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
大島に入ると直ぐに軽い峠道。

登って下ると、海沿いに道の駅「よしうみいきいき館」があった。



ここは海鮮BBQがウリなんだそうだが、未だ開店前で周りは閑散。

本州側、尾道から走ってきた人には、仕上げの来島海峡大橋を前に、ここで海の

幸を満喫してからトライするのもイイかも。



駐車場から、丁度良い具合に海を挟んで来島海峡大橋が後ろに見えたので、

またもや名残を惜しんで橋をバックに写真を撮っていると、

自分と同じように一人で旅を楽しむ同年代の男性がやってきた。



お互いごく自然に近寄りご挨拶。

聞けば京都の方で、昨日の夜、車で京都を出発して車中泊。

今日は尾道まで走って一泊した後、明日また今治まで戻る予定とのこと。

早速、自転車を並べて橋をバックに記念撮影。


096_convert_20111010235427.jpg





この後、どこへ行くのですか?

の話になり、亀老山展望台に行こうかと考えてる旨を話すと、じゃ一緒に行きま

しょう!ということでしばし併走。




信号を右折。サイクリングコースを外れ亀老山展望台へ向かう。

101_convert_20111010235608.jpg





さぁここからいよいよ激坂のスタート。

頑張ってペダルを漕ぎ続けて登ってやろう!と思ったものの、やはり予想通り

3速ブロンプトンにこの坂はキツい。


103_convert_20111010235634.jpg





特に今回は2泊3日分の荷物、約5kgを積んでるのでなおさら。

自分のカメ足にお付き合い頂くのは申し訳無かったので、同走して頂いた方には

先に行ってもらった。

道中ご無事を。





結局、展望台迄の約3kmのうち、8割は押して歩いた。

109_convert_20111010235801.jpg 110_convert_20111010235824.jpg





ほい、頑張ります!

108_convert_20111010235738_20111012215858.jpg





先に書くが、展望台までは駐車(輪)場から更に階段を登っていかなくてはならず、

自転車を持って行けない。


その為だろう。

頂上近くで、自転車を停めて来島海峡をバックに写真が撮れるスペースが幾つも設置されてあった。

ご親切にありがとう。


118_convert_20111009212158_20111012220324.jpg




さぁ、ここを登りきれば到着だ。あと少し!

121_convert_20111010235919.jpg





サイクリングロードから30分で亀老山展望台に到着。

展望台は、ここから更に階段を40~50段登ったところにある。


158_convert_20111011000445.jpg





あっちでこっちで今日も良いお天気だ!とはしゃぎ過ぎたのがいけなかったのだろうか。。。

何故かこの時だけ上空を雲が覆い、う~ん・・・

思いのほか空気が霞んでいて、視界良好!とはいかなかった。


128_convert_20111009212425.jpg





でもまぁ気を取り直して、ここまで登ってきた自分を褒めよう。

頑張ったからこそ、この眺めが見れたのだ!





さて、何のおまじない?

いつまでもお互い仲良く・・・系が多かった。面白いことを考えるもんだね。


132_convert_20111011000053.jpg 133_convert_20111011000114.jpg

125_convert_20111010235953.jpg





頑張った自分への褒美に、ここでアイスクリームを食べてみる。

着いた時から、この「お取り寄せNO.1」の看板が、ずっと気になって気になって。


151_convert_20111011000254.jpg





店のおっちゃんに「お奨めは何?」と尋ねてみると、「やっぱり塩やな」と即答。

「え~塩は伯方島で食べるつもりなんで他のがエエねけど・・・」

この問いかけに、店のおっちゃんの顔が一気にひきつった。


「うちの藻塩アイスはここだけしか売ってない。

 道の駅の塩アイスもかなりレベル上がってきてるけどまだまだ。

 しまなみでアイス食べるなら、うちか生口島の”ドルチェ”だよ」


おぉ~、ドルチェは夕方に寄るつもりにしてるお店だ。


147_convert_20111011000148_20111012221600.jpg





それでもまだ渋る私を見かねて、

「よっしゃ分かった。じゃあ藻塩アイスの上に、道の駅で売ってる塩アイスを乗せたげるから

食べ比べてみ!」




見事な半ダブルアイス。

色の違いもさることながら、確かに味は全く違った。

塩アイスはしょっぱさが強めに残ったが、おっちゃんお奨めの藻塩アイスは、しょっぱさの中にも

ほんの~り甘く、食べた後も口の中がスッキリ爽やか。

美味しかった、ご馳走さん! 


150_convert_20111011000208_20111012221600.jpg





売店の横にいた亀。亀の上にはお賽銭?


154_convert_20111011000358.jpg 155_convert_20111011000416.jpg 

153_convert_20111011000338.jpg





苦労して登った坂道だったが、下りはスィ~っと走ってたったの10分でサイクリングロードへ。

時間は9時半。伯方・大島大橋まで8.7km。

159_convert_20111011000545.jpg





事前に仕入れた情報では、ここからしばらくあまり面白くないアップダウンが続く

内陸部を走ることになる。


しかし・・・心配した登り坂も、直前に亀老山展望台まで登ったからか、

走ってみると何てことの無い、どこにでもある普通の坂道だった。

3速ブロンプトンでも全く問題なし。


163_convert_20111011000641.jpg





やがてR317を進んで行くと海に出た。

三叉路脇にある魚芳で海賊汁を食べたかったのだが、残念ながら11時OPENでアウト。

仕方ない、また次回のお楽しみ。。。

167_convert_20111011000712.jpg





ここからはこれまでと違って海岸線を走る。

いやっほ~

168_convert_20111011000831.jpg





が、何だか海が騒々しい。

よく見ると、え?水が流れてる。。。

これまで見たことの無い速い潮流!まるで川のようだった。








そして、しばらく走ると伯方・大島大橋が見えてきた。

あの橋を渡れば、伯方島だ。

177_convert_20111011001059.jpg





つづく。。。
 
 
 
 
 

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

潮流

こんな潮流 初めて見ました。
海なし県に住んで40年、海には潮があるんだ!
なんて変なことに感心したり・・・
楽しい苦しい?旅が続きますね。

souu さん

私も初めて見ました。
何度も書きますけど、ホント川のようでした。
苦しいなんてとんでもない。とても楽しい旅でした。

No title

楽天で売ってるなら、わざわざ現地で食べなくても良いのでは?ってのはダメですか^^;
頑張れあと1kmの看板は自転車向けでしょうか? やっぱ見下ろす景色は最高ですよね。
海が流れる様子、初めて見ましたよ。

jp3pzd さん

>楽天で売ってるなら、わざわざ現地で食べなくても良いのでは?ってのはダメ
ですか^^;

確かに^^
まぁ、おまけしてくれたんで良しとしましょう。

>頑張れあと1kmの看板は自転車向けでしょうか? やっぱ見下ろす景色は最高で
すよね。

客は自転車と車、半々と言ってました。
車は通行料金が高いので、わざわざICで降りて登って来る人は少ないだそうです。
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。