スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹後半島グルっと一廻り(琴引浜)

 
 
 
網野からR178を北上。

日本海に出た後は海岸線に沿って東北東へ。

約3km進み、「鳴き砂」で有名な琴引浜へ着いた。


075_convert_20110605172208.jpg
 
 
 
 
 
 
 
今回の丹後半島一周では、全ルートの9割以上R178を走った。

車の通行量が多い国道を走るのはあまり好きでは無いが、他に代替道が無く、

また、さほど車の量が多くなかったことから、結果丸一日、海を見ながら快適なサイクリングを

楽しむことが出来た。

056_convert_20110605171716.jpg





朝、9時半。

夏になると沢山の観光客&海水浴客で賑わうであろう琴引浜も、本格的な夏の到来を前に、

この日はまだ閑散としていた。

081_convert_20110605172043.jpg





折角なので、自転車を停めて砂浜へ下りてみた。

綺麗な白砂が波打ち際まで広がっていた。当たり前だが、奈良には絶対無い景色。


同じ海でも太平洋と日本海では雰囲気が全く違う。

荒々しい太平洋に対し、穏やかな日本海(但し冬の日本海は荒々しいが)。

どちらもそれぞれ美しいが、自分はどこか優し気な雰囲気が漂う日本海の方が好きかもしれない。

057_convert_20110605172446.jpg





綺麗な景色を独り占め。

これだけでも十分だったが、ここ琴引浜の見どころは何と言っても「鳴き砂」。



砂が鳴く仕組みは↓

砂の主成分は石英(セキエイ)。

不純物の少ない綺麗な水と空気に触れ続けることで、砂粒の表面が研磨され、磨かれた石英成分の砂が

互いに擦れあってクッ、ククッという音色を奏でるんだそうだ。



試しに砂浜の上をこするように歩いてみると、これは面白い!

クッ、ククッっと奇妙?な音が歩く度に鳴った。



 




奈良に住む人間としてよく思うことが、

今、目の前にある環境を維持する為には、何か新しいものを一からつくることと同じぐらいの

パワーを必要とするということ。


恐らくここ琴引浜も、この「鳴き砂」を維持する為に、並々ならぬ努力をされてるのだろう。




つづく。。。

 
 
 

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

丹後半島でしたか!
車に電車に自転車・・・それだけいろんな乗り物に乗って遊べば、
一日がすっごく充実しそうですね☆

環境の維持って本当に大変なんだと思います。
観光地として人に見に来てもらうと、ゴミが増えたり、
マナーを守らない人がいたり・・・
大切な場所は、そこにいる人だけでなく、来る人も含め
みんなで守らないといけないのだと思います。

それにしても綺麗な海ですね~☆

鳴き砂

中々面白い音ですね。
気分転換しながら お仕事も頑張ってますね。
明日はお仕事でしょうから 泊まるより一日空けてって
いうご家族の配慮ですね。

holy SR400 さん

かなりお金使ってしまいましたけど、その分、充実した1日でした^^
環境を維することってホント大変なことなんだと思います。
仰る通り、観光地として売り出さないといけない反面、大勢の人が来ると
それなりの問題も生じるでしょうし。
結局はマナー遵守。この一言に尽きると思います。
自分も気をつかないといけませんわ。

souu さん

面白い音でしょ^^
ストレス、今直ぐ目の前から無くなるもんでは無いですから、
積極的に気分転換を図りながら、上手く付き合っていくしかないですw
今日は起きたらまたしても11時過ぎてました(汗
確かに家族の配慮かもしれませんね。感謝しないとダメですね^^
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。