スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大寺・鐘楼&梵鐘(鐘の音付き)

 
 
東大寺大仏殿から二月堂に登る途中にひと際大きな庇を持つ建物があります。

 
213_convert_20101204205147.jpg
 
 
 
 
 
空に向かって大きく反り返った軒をもつこの大きな建物が東大寺・鐘楼。

写真に映っている人と比べてみると、如何に大きいかお分かり頂けるのではないかと思います。


211_convert_20101123000452.jpg




グルっと反対側に回ってこれは西から見たところ。


227_convert_20101123000208.jpg




梵鐘(ぼんしょう)は752年に鋳成され、重さは何と26.3トン!


217_convert_20101123001050.jpg



219_convert_20101204204507.jpg



218_convert_20101123000254.jpg




鐘を支えてるのはこの柱。

材質はフシの木を使ってるのだそうですが、


221-1_convert_20101123000924.jpg




万一、落ちてきたら・・・と思うと怖くて鐘の下には回り込めませんでした。

現に過去、地震や台風で5回落下したことがあるんだそうです。





そして、梵鐘は毎晩午後8時につかれるということで粘って夜の世界へ。




ガラっと雰囲気変わってこれは夜の東大寺・鐘楼。

奈良公園の北東隅にあるこの辺りは、人気も無く真っ暗で、時折鹿の鳴き声が聞こえてくる

ぐらいでした。

写真は60秒露光してようやくこの明るさです。


011_convert_20101204204717.jpg




018_convert_20101122235222.jpg




003-1_convert_20101204204004.jpg




鐘の音色を動画に収めてきましたので、宜しければご覧下さい。



 
 

 

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

夜の東大寺もいいですね☆
こんな鐘の音を聞いて新しい年を迎えられたら最高ですね。

でも、夜の大仏はちょっと怖そうです。。。

No title

漆黒に浮かび上がる真っ赤なモミジが妖艶ですね。
またもやニアミスしたようです。17時過ぎまで二月堂上にいました。いつも鐘楼経由か裏参道経由で帰るのですが、土曜日は裏参道を選びました。
夏の夜にこの界隈に行くと、8時の半鐘の音とともに大仏蛍が飛び始めるのが印象的です。手持ちの昭和初期の観光案内本(復刻版)によると、当時は一回五銭で誰でもつけたようです。

holy SR400 さん

コメント頂きありがとうございます。
ハイ、夜の東大寺は非常に不気味です^^
私も夜は滅多に出歩行かないんですけど、今の時期だけは紅葉を独り占め出来る
嬉しさがあって、ブラブラと出掛けてしまうんですワ(^^;

jp3pzd さん

コメント頂きありがとうございます。
え~二月堂にいらしたのですか?!またまたお会い出来ずに残念!!!
一回五銭ですか^^今の物価に換算したらどれぐらいなんでしょう?
あんな大きな鐘をカ~ン!と思いっきりつけたら、気分がスカっとするでしょうね~
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。