スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢本街道(奈良県宇陀市内牧~高井~自明~榛原)

 
 
先日のつづきになります。


曽爾村から大小4つのトンネルをくぐった先は奈良県宇陀市(旧榛原町)。

ここから先、近鉄榛原駅までの約8kmの間には、伊勢本街道に沿って小さな集落が点在

していました。

その中で先ず最初にあったのが「内牧」という集落。


190_convert_20101201203206.jpg
 
 
 
 
 
 
上内牧バス停前にあった大木。

樹齢200年?300年?

あまりの大きさ、貫禄ある立ち構えにしばし見とれて小休止。


146_convert_20101129185918.jpg




残念ながら桜の木ではないようでしたが、

何の木なんでしょう?

花の咲く時期にまたここに来て是非見てみたいものです。


157_convert_20101129190144.jpg




内牧東口バス停付近で片側1車線のR369から反れ、

昔の名残のある伊勢本街道へ。


162_convert_20101129190313.jpg




「内牧簡易郵便局」。

年季の入った建物に惹かれ写真を撮ってると、中から局長さんがひょっこり顔を出して

きてくれまして。


165_convert_20101129190348.jpg




いつもの通り、「変わった自転車やね~」から会話が始まりしばし雑談。

「香落渓から山粕を通ってグルっと廻って来た」と話すとビックリされてました。




綺麗な景色もさることながら、山間地に来て癒されるなぁ~と感じるのは、

いつも皆さん気さくに話し掛けてきて下さること。

どこに行っても挨拶は当然のことのようにして下さるし、

道に迷って訪ねても親切に教えて下さいます。


177_convert_20101129190741.jpg




日々殺伐とした日常、人間関係に疲れた時、自然と人の温かさが恋しくなり、

ふらっと山間地に来た時に触れる人の優しさ。。。


でも、こんな人情味溢れる優しい田舎集落も、年々過疎化、高齢化が進み、

いずれは誰も住まない土地になってしまうのでしょうね。


168_convert_20101129190536.jpg




「ここも人がおらんようになったわ・・・」

帰り際、局長さんが漏らしたこの一言が、何とも重たく、寂しくもありました。

決してここだけの話ではない、日本中を見渡せばここと同じように過疎に追い込まれている

集落が沢山あるのでしょう。

悲しいことですがこれが今の日本の現状です。


174_convert_20101129190641.jpg




「内牧」を後に、更に伊勢本街道を下って行きます。


203_convert_20101201203414.jpg




「八滝」を越えて、


209_convert_20101201203602.jpg




途中、トラックに乗った県の職員さんが、一つ一つ、凍結しそうな橋の上に融雪材を

置いていかれてました。

下界ではまだ氷点下まで気温が下がった日は一度もありませんが、考えてみるともう

12月ですからね。

山間地ではいつ凍結してもおかしくありません。


206_convert_20101201203514.jpg




次に入った集落は「高井」。


214_convert_20101201203725.jpg




この近くには、樹齢900年とも言われる”しだれ桜”で有名な「仏隆寺」がありまして、

道端には行き先を示す立派な石塔が立っていました。


216_convert_20101201203811.jpg




ここから仏隆寺までは1.9km。

私は未だ一度も行ったことが無いんですが、この先かなりキツい坂道を登って行くことに

なるんだとか。

それでも春の桜シーズンになると大勢の人が集まるそうです。

ここも一度行かねば!


217_convert_20101201203832.jpg




高井バス停の直ぐ横にあったこちらの建物。

二階のつくりからして、かつては伊勢参りの旅人向けの旅館を営まれていたのでしょう。


218_convert_20101201203906.jpg




この先もず~っと内牧川に沿って下っていきます。


222_convert_20101201203948.jpg




「自明」バス停直ぐの所で立て板を見つけ急停車。


231_convert_20101201204221.jpg




「弘法大師瓜書き不動尊」。

右の石壁に磨崖仏が描かれているとのことなんですが、


223_convert_20101201204025.jpg




鎌倉時代、1200年以上前に描かれたものとされており、かなり風化が激しく、

う~ん、識別不能。。。


224_convert_20101201204109.jpg




「自明」を抜け、更に下流へ。

所々で山がモコモコと紅葉していて全く退屈せず。


232_convert_20101201204349.jpg




奈良交通バス停「檜牧市場」。


236_convert_20101201204431.jpg




今は全く名残はありませんが、地名からして昔はこの辺りは市場だったんでしょうね。


241_convert_20101201204720.jpg




その檜牧市場にあったのが御井神社。


240_convert_20101201204824.jpg




239_convert_20101201204853.jpg




細長い参道を歩いて本殿へ。。。


249_convert_20101201205243.jpg




意外と言えば失礼ですが、この辺りにしては立派な本殿と社務所があり驚きました。


244_convert_20101201205009.jpg




そして本殿横に立つこのご神木。

高さ20mはあったと思います。


247_convert_20101201205101.jpg




檜牧から近鉄榛原駅までは2.5km。


251_convert_20101201205327.jpg




道幅が広くなったR369をえっちらおっちら進みます。


255_convert_20101201205526.jpg




墨坂神社


256-1_convert_20101201205734.jpg




榛原大橋を渡って宇陀市街へ。


259_convert_20101201205906.jpg




香落渓から約40kmで近鉄榛原駅に到着。

この後、長谷寺に寄って帰ろうかとも思ったんですが、駅の上にある峠道を上る気が沸かず

この日のポタはここでお終い。

輪行で岐路へつきました。


260_convert_20101201205842.jpg




最後は少し駆け足になりましたが、何度行ってもやっぱり山間部はイイですね。

自然がいっぱい、静かで空気も綺麗で心が癒されました。

これから本格的な寒を迎えますが、もし雪が積もることになったら、また違う景色を見に

再びここに遊びに来たいと思います。





テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

いいとこだなー

こんにちは ペコリ(o_ _)o))

いいとこですねー 行きたいなー。
反対周りだと思いますが、行こうかなー。
結構、山ですから、寒かったのかなー?
曽爾高原の名水を探す旅に出てみようかな。
参考になりました。迷わないように頑張ります。ペコリ(o_ _)o))

スキンヘッド さん

こんばんは、コメント頂きありがとうございます。
気温は低かったです。でも走ってると直ぐに汗が吹き出てきました^^
自転車なんで寄らなかったですけど街道沿いには名水があちこちで沸いていました^^
もし道に迷ったら、その辺の人に聞いたら間違いなく親切に教えて下さると思うので
安心して行ってきて下さいませ(^^;

そにこうげん、と読むんですね。これからは、山に向かわれるということは、寒さにむかってゆかれるってことですね。敬服いたします。
過疎の村は放っておくと、段階を経てやがて限界集落へと向かいます。局長さんの呟きがせんないですね。

イマキュー さん

コメント頂きありがとうございます。
そうです、読み難い地名でしょ^^
山は寒かったですわ~。
でも夏の暑さと比べると、汗かきな私はまだ寒い方ががマシに感じてしまうんですよ(^^;
今、日本の総人口は減少に向かってるんで仕方ないのかもしれないですけど、
私らが60歳以上になる頃には、日本はどうなってるんでしょうね。
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。