スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信長も嫉妬した『多聞城』

 
  
これまで行きはしたものの、UPする時間が無かったり、詳しく調べるのが面倒になり、

ブログにUPしてこなかったものも結構ありまして。。。


今回UPする『多聞城』もその中の一つなんですが、

折角なんでお蔵入りを回避すべく、頑張って調べてみました。


 

 
戦国武将といえば、豊臣秀吉、織田信長、徳川家康があまりに有名ですが、

当然のことながら奈良にも戦国時代は存在した訳でして。。。



当時大和の国には、筒井順慶松永久秀という二人の武将が存在しておりました。



筒井順慶については、過去に一度触れたことがあるので、

昨日14日は、筒井順慶の没後、大和の戦国大名として名をはせた松永久秀が居所とした、

多聞(山)城跡へ行ってきました(5回目)。


2_20101115211804.jpg  3 (2)  
 
 
  
  
 
↓が日本城郭史学会が復元した多聞(山)城です。

日本で初めて4層の櫓を持った絢爛豪華な城として、あの織田信長が嫉妬したとの逸話が

残る程の名城だったそうです。

また、安土城のモデルになったとも言われてます。

嫉妬するぐらいなら残しておいて欲しかったぜ・・・。


tamonjo-fukugenzu[1]



 
多聞(山)城があったのは近鉄奈良駅の北、約1.5km。

近鉄奈良駅前から奈良自転車道に沿って北へ。

東大寺・転害門から少し西に入った後、今度は細い道を北に向きを変えると、

小高い山が見えてきます。

040_convert_20101115184217.jpg




正面右手に見えるのが多聞山で、左は聖武天皇陵。

041_convert_20101115184312.jpg




多聞(山)城はその名の通り多聞山にあり、緩やかな坂道から最後グイとキツい傾斜を

登って到着。

現在、城跡は奈良市立若草中学校として使用されてます。

45_20101115211801.jpg




多聞山の標高は115m。

後ろ(南)を振り返ると、中央に奈良県庁、右端に小さく興福寺・五重塔が見えました。

少し小高い場所にあるというのがお分かり頂けますかね。

48_20101115214556.jpg




少し左(東)に向きを変えると、若草山と東大寺大仏殿の大屋根がワンショットに収まる

なかなかのロケーション。

電線がちょっと邪魔ですけど、ここから見る若草山の山焼きも綺麗かもしれません。

60_20101115214555.jpg




門を潜って少し進むと、いかにも!的な城跡を思わせるこの階段。

筋肉痛で足が痛かったんですけど、この際なんで登ってみました。

何段あると思ます?(答えは最後に)

46.jpg




ここの生徒は毎日この階段を上って、正しく字の如く”登校”してくるんですよね・・・。

いや~、ここの生徒でなくて良かった。

部活とかで格好の下半身トレーニング場になってるんでしょう。

49.jpg




○○段の石階段を上ると、そこにはデーン!と校舎が建っておりました。

この辺りに本丸があったと思われます。

50_20101115215958.jpg
 
 

 
石段の外に城跡を感じさせたのは、この石仏。

若草中学校の門を潜って直ぐ右手に、多聞山城の石垣として使われた石仏が残ってたんですが、

実はこの石仏、大和の地をあちこち掛け巡ってたようで・・・。

重いのにご苦労なことです。

62.jpg




何処から運ばれてきたのか?残りの石仏は何処へ運ばれていったのか?

068_convert_20101115185802.jpg




この多聞(山)城には、明智光秀、柴田勝家の陣が入城。

そして、1574年には織田信長が検分のため多聞山城に入城し、正倉院に伝わる名香「蘭奢待

を切り取ったのはこの折と言われてます。


しかし、築城からわずか16年後の天正4年(1576年)に織田信長の命令により破城。。。

(嫉妬ですよ嫉妬!)

石仏の他には大堀切が残ってるぐらいで、当時を思い起こさせるものはほとんど残ってないのが

何とも残念です。




めでたく今回で第1回目のエントリーとなりました”大和の城シリーズ”。

次回はいつになるかは分かりませんが、まぁ最低あと2回は続けられるんじゃないかなと

思ってます(^^;




最後に、石段の数は75段でした。
 
 
 

より大きな地図で 多聞城 を表示
 
 
 

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

詳しい説明ありがとうございます。実は麓だけで上に登ったことがありません。ほんま、残しておいて欲しかったですよね。
石仏はきっと郡山城石垣にも転用されているんでしょうね。

続編、楽しみにしています。まずは山城からヒルクライムで攻めてください(笑)

jp3pzd さん

コメント頂きありがとうございます。

毎日75段上り下りするのは何とも・・・
私が中学生なら仮病使いそうですわ(笑)
ヒルクライム・・・坂道苦手なんで、とりあえず平城から攻めようかと思ってます^^

こんばんは

私も不勉強で、奈良市内にお城があったなんて
ぜんぜん知りませんでした。
そういえば、般若寺や少年刑務所あたりは、
こんもりとした丘になっていますね。

No title

こんばんは。
大和の城シリーズ、いいですねぇ!
「へぇ~へぇ~」って言いながら読ませてもらいました。
織田信長が嫉妬した多聞城、僕も見てみたかったです(>_<)

次回も楽しみにしてます!

つりがね さん

こんばんは、コメント頂きありがとうございます。
奈良といえば郡山城が有名ですけど、調べてみたら他にも沢山
お城があったことが分かりまして^^
これも自転車のお陰ですわ!

holy SR400 さん

こんばんは、コメント頂きありがとうございます。
残ってたら結構立派なお城だったのにな~
くそ~信長!ですよね(^^;
次はいつになるか分かりませんけどまた頑張ってUPします^^

リンクさせて頂きました!よろしくお願いいたします☆

こんばんは

75段、お疲れ様でした^^

石仏、お地蔵さん、お墓など戦国の築城の際にはかなり使われているんですね。
この夏、安土城址に登った際にも実際に残っていたんでビックリしました。

シリーズ「大和のお城」、シリーズ「大和の古墳」などまだまだシリーズ化できまっせ~(爆

jun.skywalker さん

こんばんは、コメント頂きありがとうございます。
石なら何でも使え~!と、かたっぱしからかぎ集めてきたんでしょうね。
このバチ当たり目が(^^;

シリーズ「大和の古墳」もエエですね~^^
これで当分ネタ不足から解消されそうです。
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。