スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良の街中にピラミッド?~頭塔~

 
 
今年は遷都1300年ということで、奈良を取り上げてくれるテレビ番組が多く(特にBS)、

長年、奈良に住んではいるものの知らなかったネタが間々取り上げられ、ブロガーとして

非常に助かっている。



今日、UPする「頭塔」もその中の一つ。

奈良の街中にピラミッドの形をした史跡があり、その中には国の重要文化財にも指定される

奈良時代後期の石仏が多数存在していると知り早速行ってきた。


1_20101024161510.jpg
 
 
 

 
 
 
「頭塔」がある場所はならまちから東へ約500m。

R169福智院交差点を更に300m、高畑郵便局の前を通るゆるやかな坂道を上っていくと、

ここが本来の頭塔の入り口となる。


135.jpg





本来というのは、いつもは頭塔の管理を県から委託されている向かいに住む仲村表具店さんに

南京錠を開錠してもらい(事前予約が必要)中へ、となるのだが、

ちょうど今は平城宮遷都1300年祭協賛事業として特別公開中。


「頭塔」東側にあたるホテル・ウェルネス飛鳥路の駐車場に特別に入り口が設けられ、

ここから中に入ることが出来た。


137.jpg





入場料金300円を入って中へ(というか実際はホテル駐車場から丸見えなんですが)。

目の前に表れたのは噂通り巨大なピラミッド!

土地柄、これまでかなりの数の史跡を見てきたが、いや~これは何とも不思議なつくりで珍しい。


138.jpg





中に入って予想外だったのが施設の充実度。

これだけ綺麗に整備されてるならもっと世間にアピールして売り出すべきでしょ。


400.jpg 405.jpg 410.jpg






平城宮遷都1300年祭協賛事業ということで、ここにも解説ボランティアの姿が。

今年、奈良県内ではボランティアの方々が大活躍。


正面には丁寧に記した解説板があったが、せっかくの機会なので疑問に思ったことを色々質問させて

頂きました。


260.jpg


420.jpg 430.jpg





頭塔と呼ばれるこの史跡は、高さ10m、幅32m。

7段からなり、奈良時代の末期に東大寺の僧侶が築いた仏塔とも言われているが真相は不明。


300.jpg 301.jpg


303.jpg 305.jpg





「頭塔」と呼ばれる由来は、昔、この辺りは首塚と呼ばれた場所で、奈良時代の僧侶・玄(げんぼう)

の頭を埋めた墓との説と、「土塔」→「頭塔」となったのではないか、との二説があるらしいが、

これも真相は定かではないらしい。


155.jpg


140.jpg 150_20101024172413.jpg 190_convert_20101024160504.jpg






1,3,5,7の奇数段4面(東西南北)に11基ずつ計44基の石仏が配置され、

現在28基まで確認(うち22基が国の重要文化財に指定)されているが、他16基の消息は

現在も不明。

また、28基のうち1基は郡山城の石垣として転用されてるのが確認されているとのこと。


210.jpg


230.jpg 240.jpg 250.jpg





時間の制約がありなかなかブログにUP出来ずにいるが、約1年前、筒井順慶について調べるうち、

県内の旧城に興味をもちあちこち周ったことがある。

こんな場所からも石を調達していたのか!とまた一つ新たな知識を得ることが出来良かった。






この頭塔は、昭和61年から12年間に渡って奈良文化財研究所が北半分の発掘調査を行い、

(南側は現在も手付かずのまま)、平成3年に現在の姿に整備、復元されたもので、

石垣の間に所々鉛の板が見えるが、この鉛板から下は昔からの残存石、上は復元時に補充された

ものとのこと。

また、各石仏の上の瓦屋根は、復元時に石仏を風雨や直射日光等から守る為に設けられたもの

なんだそうです。


280.jpg 282.jpg





以上、解説ボランティアの方からお話頂いたものと、「頭塔」案内パンフレットより要約しました。



 


前々から何かあるなぁ、と思ってはいたものの、大して興味を抱くことなくこれまで過ごして

きましたが、まさか奈良時代の石仏が保存されていたとは(!)



平城宮遷都1,300年の今年は、様々な催しのお陰で今まで知らなかった奈良の魅力、旧跡パワーを

改めて認識することが出来、文字通り記念の年になってます。





「頭塔」特別公開は11月7日(日)まで。

見学時間は9:00~17:00(受付は16:30まで)

特別公開期間中は、ホテル・ウェルネス飛鳥路駐車場(破石町バス停すぐ)が受付場所となっています。


127_convert_20101024174558.jpg






その他の期間に見学を希望される場合は、現地管理人 仲村表具店(0742-26-3171)まで要予約。



より大きな地図で 頭塔 を表示

 

 
 

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ピラミッド見てこられたんですね。これまでもホテルの駐車場から覗き見はしていたんですが、春の特別公開で初めて周囲を一周しました。民家に囲まれた穴場ですよね(笑)

BSの奈良特集、うらやましいです。チューナーも(ゴミ捨て場から拾った)パラボラアンテナもあるのに、アンテナ設置に至っていません。家の前の道から見えない位置にアンテナ設置を企んでいるんですけど(笑)

No title

これ、形がまさにピラミッドですね。
奈良市街にピラミッドがあるとは知りませんでした。
ヤマちゃんのブログみてるだけで、
どんどん奈良に関する知識が増えていきそうです^^

知っていれば

去年の春に奈良に行った時、春日大社、奈良国立博物館に行くために、高畑交差点そばの駐車場に車を停めました。
頭塔の存在を知っていれば・・・
博物館から駐車場へ戻る途中で、足を伸ばしたのですが・・・
(去年だと事前予約しないと駄目でしたが)
う~ん、残念

jp3pzd さん

ここは穴場中の穴場ですね^^
でもさすがにTVの影響は大きいですね。この週末は結構な人が来てました。

アンテナの設置場所は慎重に選ばないと(笑)
手先が器用なjp3pzdさんさんならアンテナ設置、ヤル気になったら直ぐですよ^^

つりがね さん

薄々存在は知ってたんですけど、こんな立派な史跡だったとは!
奈良の街中にはまだまだ日の目をみていない秘宝が眠ってるかもしれないですね。
いつUP出来るかは分からないですけど、まだUPし切れてないネタが他にも
色々あるのでお楽しみに~^^(気長にお願いしますネ・笑)

羽ぴょん さん

地元の人間でも存在を知らない人の方がが多い穴場中の穴場ですから
ご存知無かったのはある意味当然かも。
頭塔を管理してる仲村さん、呼び鈴押しても反応無いことが多いらしいです。
いかにも奈良らしいでしょ(笑)
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。