スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正倉院展へ

 
 
 
「第62回正倉院展」がいよいよ明日23日から始まりますが、それを前に今日、

奈良国立博物館で行われた内覧会に行ってきました。 


0121_convert_20101023000615.jpg






 
 
 
館内は当然の如く撮影禁止なので写真は図録のみになりますが、

19年ぶりに出展される「螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんのごげんびわ)」前には

大勢の人だかりが出来てました。

でもそこは負けじと何とか頑張ってバッチリこの目でしっかりと見てきたんですが、

音声ガイドを借りると、琵琶の音色が聞けるのでオススメです。




この他印象に残った宝物としては、「ぬいのせんがい(女性用のくつ)、蘇芳地彩絵箱(献物箱)、

黒柿蘇芳染金絵長花形几(献物用の台)、獅子の面、752年の大仏開眼会に用いられたとされる

蓮花残欠(蓮池形のかざり)、ナウマン象の第三臼歯の化石がほぼ完全な形で残っていた五色龍歯

(くすり)あたりに目が留まりました。




また、今回から西新館の展示ケースが透明度が高く反射の低いガラスに一新されており、

宝物がよりハッキリ見え鑑賞し易くなってた点が大きな改善点です。



平城遷都1300年と光明皇后1250年遠忌を記念して開かれる今年の第62回正倉院展は

11月11日(木)まで。会期中は無休とのことです。


 
 

--------------------------------------------------------

(10月24日追記)

24日(日)様子を見に行ってきました。


当然の如く入館待ちの列は出来てましたけど、


056_convert_20101024220234.jpg
 




待ち時間は30分弱。

24日お昼12時過ぎのことです。


071_convert_20101024220441.jpg





当日券売り場に人はまばら。

前売り券購入がかなり浸透してるようです。


063_convert_20101024220258.jpg




この後、15時過ぎにも前を通り掛かりましたが、列は更に縮小され20分待ちでした。

まだ始まったばかりなので何ともいえませんけど意外と空いてます。

事前に「混む混む」と言われれば言われる程、逆に混雑を敬遠・・・

となってるのかもしれません。






最後に、、、

正倉院展開催中は、もう何年も前から西新館西側の広場で「鶴家吉延」が臨時営業を行って

るんですが、今や奈良を代表する行事と言っても過言でない正倉院展が行われている奈良国立

博物館横で、”京都”の和菓子屋が営業してるという事実。

いつも違和感あったんですけど、そろそろここらで、もう一度博物館も奈良の老舗和菓子屋も

よく考えて頂けないものかと思うのですが如何でしょうか^^


073_convert_20101024220542.jpg



 

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

内覧会いいですねぇ。今年も行こうと思っていますが、土日は行列ができるんでしょうね。

jp3pzd さん

もう既に今日、行列出来てまして中に入るまで20分程待たされました^^
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。