スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春日大社 節分万燈籠

節分の3日、興福寺・鬼追式~豆まき を見た後、800年の伝統をもつ、
春日大社節分万燈籠へ行ってきました。

121_convert_20100204222622.jpg
 
 
 
春日大社万燈籠は、平安時代から藤原氏などの貴族や武士が、所願成就のため奉納してきた
ものとされ、毎年節分の日と8月14、15日のみ、一斉に火が灯される伝統行事です。
参道に並ぶ約2千基の石灯籠と、朱塗の回廊を照らす約1千基の釣り灯篭が、幻想的な空間を
かもし出していました。


興福寺豆まきが終わったのは19時50分頃。
春日大社節分万燈籠は20時30分までとあって、参道を通って急ぎ春日大社本殿へ。。。

071_convert_20100204215717.jpg
 
 
 
しか~し、、、本殿へと向かう参道はご覧の通り真っ暗。
石灯篭などの灯りが無かったらとても歩けなかったです。。。
一瞬、立ち眩み起こしたのかと勘違いする程でしたヨ^^
073_convert_20100205202335.jpg



中元万灯籠にも行きましたけど、節分万灯籠は人の数が少ない少ない。
その分、写真撮るには好都合でしたけどね^^
004_convert_20100204220611.jpg



094_convert_20100204221356.jpg


078_convert_20100204220809.jpg


084_convert_20100204220901.jpg


110_convert_20100204221810.jpg



昨年の大河ドラマ”天地人”の主人公、直江兼続が1600年に奉納したとされる釣燈籠。
実際の奉納者名は、直江兼続の娘、お松なんだそうですが。
直江兼続は、かの上杉謙信とともに1588年に春日神社を参拝、妻、おせんは1625年に春日大社を
参拝した記録が残っているそうです。
102_convert_20100204221634.jpg101_convert_20100204221613.jpg



104_convert_20100204221722.jpg



006_convert_20100204222532.jpg




人がいないことを良いことに、露光で撮ってみました。
また三脚無しで撮ったので、構図が今イチなのはご勘弁下さいマシ^^
114_convert_20100204222243.jpg


釣り燈籠が並ぶ朱塗の回廊、綺麗でしょ^^
123_convert_20100204222701.jpg


こんなこと出来るのも寒い節分のこの時期だからこそ^^
大混雑する夏の中元万灯籠だと絶対無理でしょう。

個人的にはやっぱり万燈籠は冬に見た方が良いと感じました。
寒かったですけど、その分、身が引き締まる思いで幻想的な空間を楽しむことが出来ましたし。
そして何より人が少ないのが一番良でした^^
 
  

テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

春日大社の万燈籠、平安時代から続いている!貴族や武士達が奉納しはったそうですが本体は透かし彫りの銅なんでしょうか?
光源は蝋燭でしょうね。
京都・北野天満宮の灯籠は数年前まで蝋燭でしたが
現在は蝋燭の微妙な炎の揺れと色合いを演出している
LEDが使用されています。
それはそれで良いんでしょうが、やっぱり本物の蝋燭にかないません。
幻想的な雰囲気を楽しませて頂きおおきにです!

こんばんは

ほんとぜんぜん人影が写っていませんね。
自分一人で幻想的な空間を楽しめるのはいいですねえ!
来年は行ってみようかな。

No title

来週のなら瑠璃絵でも万燈籠をやることになっていますね。節分万燈籠は人が少ないので、写真を撮り易いですよねぇ^^; 直江兼続の釣燈籠は噂には聞いていましたが、実物を初めて見ました。ありがとうございます。

jun.skywalker さん

こんばんは。
調べてみたところ・・・透かし彫りの銅で間違いないようです^^
それから光源は蝋燭でした。
カメラを上から近づけ過ぎて服の裾が焦げそうになったんでよ~く
覚えてます^^
LEDですか。。。火災の心配とか色々あってのことなんでしょうね。
あと、火をつけたり消したりする手間を考えてのこともしれません^^

>想的な雰囲気を楽しませて頂きおおきにです!
どういたしまして!

つりがね さん

こんばんは。
はーい、夏の混雑がウソみたいにガラガラでした。
寒さこらえて行った甲斐がありましたヨ^^
来年は奥さんと是非(笑)

jp3pzd さん

なら瑠璃絵でも万燈籠やるんですか?知りませんでした^^
初めての試みなんでどれだけの人が来るのか未知数ですけど、
人が少ないようならまた行ってみようかな。
直江兼続の釣燈籠は、世話役のボーイスカウトの子供に
教えてもらってやっとこさ分かりました(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カギコメ さん

了解しました^^

綺麗!

興福寺の鬼追い式とは対照的ですね。
こちらの方が僕向きだな・・・。
人がいない、最高ですね。
これは実物を是非見てみたいです。

夜間の長時間露光にはコンデジで使える
小さな三脚を何時もポケットに忍ばせておくと便利ですよ。
今は軽くて工夫された良い三脚があります。

mincoro さん

鬼追式とは逆にこちらはひっそりとしてて良かったです^^
え?今は小さくて軽い三脚あるのですか?
私が今持ってるのは結婚した時に買ったもので、重くて重くて。。。
探してみることにします^^

おぉ、

幻想的な眺めですね。
かつて奈良には都があっただけあって、日本の文化が色濃く残っているのですね。
暖かくなったら色々と訪れてみたいですね。

盛豚 さん

私も最近興味を覚え知ったのですが^^、奈良は素の文化が多く
残ってるみたいです。
暖かくなったら人も増えてくるので、素の奈良を知って頂くには
寒いですけど今の時期がベストですヨ^^
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。