スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bromptonで伊勢参り(伊勢市・河崎町編)

昨日の続きです。

鳥羽→二見ケ浦と訪れた後に向かったのは伊勢市河崎。
河崎は伊勢神宮に向かう拠点駅、近鉄宇治山田駅から伊勢神宮とは逆の北側に位置する、
勢田川の水流を利用して江戸時代に栄えた商人の町です。
どんなとこかいな?と興味津々で向かいましたが、予想以上に昔ながらの町並みが残っていて
エエとこでした^^
077_convert_20091228211547.jpg
 
 
  
勢田川から1本西に入ったところを南北に走る街道風の道に面する河崎町。
道沿いには町家を改修したお店が多くありまして、写真左のお店もその一つ、町家ダイニング「河崎2丁目食堂」。
店の中ではお酒も飲めるようになってました。
(この日は他にお目当てがあり、ここでは食べなかったけどね)
083_convert_20091228114704.jpg



奈良でも良く見るタイプの石標ですけど、読解不能。
082_convert_20091228115119.jpg



道を北に進むと、道の駅ならぬ川の駅が^^
076_convert_20091228115736.jpg



こっちが川の駅「河崎」の裏手?
写真では見えませんが、看板には、←(左)小田橋・→(右)二軒茶屋とありました。
075_convert_20091228115848.jpg



そして、川の駅を出るとまん前には勢田川。
川岸はなだらかなスロープになってまして、昔の面影がそっくり残ってました。
072_convert_20091228115950.jpg



道の駅「河崎」の隣には蔵が三つありまして、、、
078_convert_20091228120158.jpg



こちらがその蔵の正面(道側)です。
3つの蔵はそれぞれ壱の蔵、弐の蔵、参の蔵と呼ばれてまして、壱の蔵は慶応3年、今から約140年前に、
壱の蔵、弐の蔵は明治時代に建てられたものなんだそうです。
その後数度に分けて改修され、現在も土産物店、雑貨、食品などを扱う店として現役バリバリで活躍中^^
079_convert_20091228115306.jpg



これら3つの蔵から道を挟んで斜め向かいの場所に建つ「河崎商人館」。
昔の河崎商人の様子を紹介する施設としてこれも現役バリバリの建物なんですけど、
中に入るには入館料金が必要ということで今回はパスしました。
ハイここで鬼瓦に注目~^^
080_convert_20091228115004.jpg



昨日のブログでご紹介したエスサイダーのラベル。
アルファベットのSに加えて書き記されてる「X」は、実はこちらの鬼瓦に記された家紋からとられた
ものなんだそうです。
つまりここが生誕の地。
エスサイダーを購入したお店で、「このラベルの”X”って何の意味ですの?」と聞いたら教えてくれ
はったんで寄ってみました^^
しかし家紋入りのサイダーってどうよ(笑)
008_convert_20091228202114.jpg007_convert_20091228202037.jpg


事前に教えてもらって知ってたとはいえ、実際に家紋を目にしてちょっと興奮してしまった(笑)

この時11時半。
ちょっと早いけど小腹も空いてきたのでここらで目星を付けていたお店へ向かいました。
同じく河崎町内に今年10月に町屋を改修してオープンしたばかりという「町家とうふ」。
迷うかな、と思ったけど割とスンナリ着くことが出来ました。
071_convert_20091228120405.jpg



メニューは単純明快、一つだけ^^
おまかせ御膳1,000円。
001_convert_20091229012421.jpg



男一人で豆腐専門店なんて・・・
そう思われる方もおられるかもしれませんが(自分もそう思ってたし^^)、こちらの豆腐は、店の直ぐ
隣にある製造所で「おから」を出さない製法で作られてると聞き、非常に興味をそそられたので寄って
みることにしました。
「おからが出ない」=「大豆の成分が丸ごと閉じ込められた豆腐」ということですからね。
加えて、大豆は三重・明和町産、にがりは尾鷲産と、材料も三重県内で揃えるというこだわりよう。
  

先ず出てきたのが、「出来立て豆乳」と「煎り大豆」。
出来立て豆乳はその名の通り出来立ての豆乳。
まだ生温かくてかなり濃厚な味でした。
煎り大豆は、コーヒー豆を焙煎する機械で特別に焙煎したものとか。
香ばしくて甘かった。
一足早く節分を思い出してしまいましたわ(笑)
062_convert_20091228180736.jpg



次に出てきたのが「枡豆富」(お品書きには豆腐と書かずに豆富と書かれていた)。
伊勢うどんを出すどんぶり鉢に出来立ての豆腐が満載。
しかしこれが実に美味かった。
001_convert_20091228180800.jpg


「この豆腐は豆乳ににがりをうっただけのもので、出来立てホヤホヤ。
まだ冷まされず水にもさらされてない豆腐です~」と店主のおっちゃん。

「最初は何も付けずに召し上がって下さい。おかわりも自由に出来ますから」と言われ、「豆腐の
おかわりなんて・・・」と思ったけど、ハイやってしまった(笑)
豆腐と言うよりデザートに近い、”甘さを押さえたとろけるプリン”といった感じでした。
豆腐にしては非常に甘い。
勿論こんな味の豆腐を食べたのは初めて。


メインの豆腐料理は3品の中から選択ということで「カレーあんかけ豆腐」にしました。
この中では非常に残念ながら全くのノーマーク、カレーあんかけ豆腐の影に隠れて写真に写ってない、
豆腐を酒粕と味噌に漬けて作られた「醍醐豆富」なるものが超美味だった。
065_convert_20091228120521.jpg


店に入った時、ザッと見て30人程座れる店内は私が座って満席状態に。
その後も来店するお客さんが絶えず、空き待ちの列が出来てました。

席に着いてから、この店の50代半ばとおぼしき店主(男性)の動きをジーっと観察してましたが、
てきぱきとした接客術や商品説明等、かなりのヤリ手と見ましたヨ。
これから先、かなり繁盛するのは間違い無いでしょうネ。
値段も1,000円と非常にリーズナブルな設定だったので近ければ頻繁に通うんだけどねぇ^^

この後は、河崎町の静けさとはうって変わって非常に賑やかな伊勢神宮へ。
つづく

 

大きな地図で見る
 
 

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

行きたくなりました

こんばんわ。
続き楽しみにしてました(笑)

内宮と外宮に行くことだけ考えてましたけど、周辺も色々見るものが多そうですね
計画立てるならゆとりを持った計画にしないと勿体無いことになりそうでした。

この続きを待ってますので(笑)

おいしそうですね

「町屋とうふ」の豆腐料理は独創的な料理で、
おいしそうだし健康にもよさそうですね。
河崎は知りませんでしたが、風情のある町並みで
行ってみたくなりました。
私は昨日はお付き合いで飲みすぎで
本日は最悪の二日酔い状態ですは。
本日も仕事のノルマがあるのにいっこうに進みません。
wembleyさんのブログ拝見したりしてさぼってます。

羽ぴょん さん

こんばんは。
羽ぴょんさんにそう言って頂けて嬉しいです^^
内宮、外宮があまりに有名なんで目立ちませんけど河崎はエエ町でしたヨ。
豆腐屋は絶対行って損は無いと思います。
今回はかなりゆとり持った計画で走ったんですけど、それでも最後はちょっと急いだ
位なんで、行かれるならホントゆとり持った計画にされた方が良いと思います^^
伊勢は奥が深いと思いました。

つりがね さん

お疲れ様です。
「町屋とうふ」の豆腐料理はホント美味しかったです。
同じ豆腐でも作り方であんなに味が変わるもんか・・・と驚きました。

付き合いで飲みすぎて二日酔いは辛いですね。。。
仕事、私も若い時はクソ真面目に働いてましたけど、歳を重ねるうちに、
うまくサボることしか考えないようになってきました(爆)。
ボチボチ頑張って下さいね^^
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。