スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brompton&曽爾高原

 
 
15日に行ってきた曽爾高原。
昨日の続きです。


太郎路橋を渡っていよいよ曽爾高原へ。
しかしここからはキツい勾配の坂の連続・・・
サイクリングというよりハイキングといった感じでした。

09101531
 
 
09101530
 
 
 

太郎路橋から見た兜岳(920m)。

09101532
 
 

 
さぁここから頑張って登っていこう、と気合を入れてペダルを漕ぐも・・・
200m程進んだ所であえなく断念。
坂の傾斜がキツくて自分の脚力ではとても登れない。
いらぬプライドは捨ててここからは押して歩くことに。
さぁハイキングの始まり始まり。。。
09101533


 

所々傾斜の緩やかな場所はペダルを漕いで進んだが、そんなことが出来る場所は極僅か。
太郎路橋から2km弱(うち9割は歩いた)の所にある曽爾高原ファームガーデン。
平日だというのに駐車場はご覧の通りほぼ満車。
09101534




ちょっと中を覗いてみると自然薯があった。
これは珍しい。
09101535




でも値段もそれなりにする。
2,500円とは驚いた。
09101536




丁度昼時だったこともあり、休憩も兼ねて食事を摂ろうとしたが、こんなとこまで来て700円のうどん定食を食べるのもバカらしく思えたので、ファームガーデン向かいで店を出してた草餅を食べた。
09101538




下が草餅、上はこんにゃく餅。 
こうやって見ると何かグロい感じがするが、なかなか美味しかった。
店の人が、「草餅一つサービスしとくね!」と言ってくれたが本当かどうかは分からない。
但し、これで500円は納得の値段だった。
09101539




ファームガーデンには「曽爾高原温泉」が併設されていた。
入浴料は平日は500円、週末700円。
それでも週末は大混雑するらしい。
09101537




お腹が膨れたところで再び曽爾高原目指して出発。
相変わらずキツい坂が続き、延々ハイキング状態が続いた。
09101540




さぁあともう少し。
09101541




やっとのことで曽爾高原に到着。
太郎路橋から約5km。
休憩も入れながら1時間15分掛かった。
09101542




ここまでずっとBromptonを押して上ってきたので、ふくらはぎの裏が既に痛い。
後ろは国立曽爾自然の家掲揚台と屏風岩、兜岳、鎧岳等の山々。
09101544


09101565



せっかくココまで来たのだから、亀山(849m)に登ることにした。
右側のコブが亀山。
09101546




ここから先は地道、階段が続くのでBromptonは下で待機。
09101547




亀山までは僅か900mの距離だが・・・
09101548




ずっとこんな階段が続いた。
これは時間が掛かるかも、と思ったが、上から下りて来る人の話によると、
15分程で亀山まで登れるらしい。
これを聞いて一安心。
09101549



09101501




少し登ったところで後ろを振り返ると、既に綺麗な景色が広がってきていた。
09101550




程なく一つ目のコブ山に到着。
本当に15分程で着いた。
左の円形がお亀池、右の赤い屋根が国立曽爾少年自然の家。
09101551




右手には倶留尊山(1038m)
09101552




09101553




ここまで来ると人工的な音は何も聞こえ無い。聞こえてくるのは人の話し声と自然の音だけ。
何をする訳でもなく都合1時間ぐらいここに居た。
いつまで居ても飽きない場所だった。
09101554




遠く下を見れば走ってきた県道が見えた。
曽爾少年自然の家の人の話では、太郎路橋から自然の家まで約400m、
自然の家から亀山までは更に約200m登ってるとのこと。
09101555




隣の亀山に向けて移動。
09101556




09101557




亀山から反対側の東の方向を撮った写真。
09101558




再度、西側。
09101559




いつまでもここに居たかったが帰らないといけない。
後ろ髪(無いけどね)ひかれる思いで下山開始。
09101560




09101562




陽が暮れると燈籠に灯りがともされるらしい。
09101564




この日は天気も良かったので綺麗な夕日が見れたに違いない。
出来ることなら夕日を見て帰りたいと思ったが、ここの場所と日が暮れた後の冷え込みを考えると、それは無理というもの。
09101560


この後は再度県道に戻った後、香落渓へ。。。
つづく。。。


↓宜しければクリックお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村 旅行ブログへ


テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : Brompton 宇陀 四季

コメントの投稿

非公開コメント

No title

自然の家付近まで自転車で漕いで来るのは、ロードバイクが多いのではないでしょうか。
青空が気持ち良さそうですねぇ。西日の黄金色のススキも良いですが、青空に銀の絨毯も清々しくてきれいですね。

ご無沙汰です

こんばんは

ブロンプトンでいろんなところに行かれてますね。
お写真から箱根の仙石原を思い起こしました。
今の季節はススキが大変綺麗な所です。
久しぶりに箱根へ行ってみたいと思いました。
勿論ブロンプトンではなく電車とバスで(笑)

徒歩の散策

こんばんわ。
Broの多段化を考えたくなったのではないでしょうか?(笑)
(坂の多い道を走る場合は奥方のBroの方が強いのではないですか?)

この季節、徒歩での山歩きも良いもんですよね
ススキがなんとも言えず・・・

僕は山歩きにするなら、腰を治してタバコをやめないと・・・

jp3pzd さん

あんな所に小径で行くバカはそんなにいないと思います(笑)
まぁ押して歩けば何処へでも行けるということが分かったのは収穫でした。
秋の青空、風が爽やかで気持ち良かったです。
一年を通じて今が一番良い気候かもしれません。

mincoro さん

こんばんは。
ブロンプトンでの小旅行もそろそろ打ち止めです。
お金が続きません(笑)
ススキが風になびく姿は見てて全く飽きませんでした。
確か箱根鉄道ってありましたよね?
輪行どうですか?^^

羽ぴょん さん

こんばんは。
恐らく多段化してもあの坂は無理だと思います。
押して歩くのもまた良し!ということにしときましょう(笑)
でも確かに嫁さんのBroを使う手もありましたね。
ススキもそうですが、青い空が印象深かったです。

一面のススキ…

本当に綺麗ですね。 疲れも吹き飛ぶ景色といったところでしょうか?

『(裏)ブロンプトンの楽しみ方』(ハイキング)の秘訣は、歩幅を大きくしない事だと思っています。 山登りでもそうでしたが、小さな歩幅で歩くと疲労が小さくて済み、筋肉痛・靭帯の痛み等を誘発しにくくなりますので、おススメですよ~。


盛豚 さん

いやぁ、あんな景色見たら家に帰るのが嫌になりましたよ。
疲れや嫌なことが一気に吹き飛びました(笑)
『(裏)ブロンプトンの極意』伝授ありがとうございます。
アハハ、思いっきり大きな歩幅で歩いてました。
次は小さな歩幅でチャレンジしてみたいと思います。
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。