スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曽爾高原(伊勢興津~曽爾)

 
明日土曜日は仕事。
その代わりとして昨日15日が休みになり、また早起きして曽爾高原に行ってきました。

亀山から望む眺めは絶景。
先日の桜井市・笠の「そば畑」と同様、ここは奈良か?と目を疑うような景色を堪能してきました。

09101501
 
 
 
 
例にもれず、この日も夜が明けきらないうちに家を出発。
まだ空には月が輝いていた。
早朝出発等、最近、色んな感覚がマヒしてきてるような気がする。

09101502




この日は平日ということで、当然の如くスーツ姿、学生さんの姿を多数見掛けた。
普段は全く気にならないが、この日は周りに比べて遊び人の格好でウロつく自分が妙に浮いてるように思えて仕方が無かった。
09101503




近鉄東青山駅。
駅前が綺麗に整備されていた。
但し平日にも関わらず乗降客の姿は全く目にしなかったが。。。
この辺りは標高が高く、出発を待つ間、寒くて仕方が無かった。
09101504




遠く、青山高原では風力発電と思われる羽がクルクルと小気味良く回っていた。
09101505




JR名松線に乗り換え。
この路線には初めて乗る。
車窓からの景色を楽しみに乗り込んだはイイが、2両の車内は沿線の高校に通う高校生だらけで、もっぱらスクール列車といった感じか。
加えて、床に座り込む者、髪の毛を切り合う者、大きな声で騒ぐ者。。。
マナーの悪さばかりが目に付く車内で旅情気分台無し。
09101506




この高校生達も家城駅で全員下車。
ようやくゆったりした車内でくつろげると安堵して出発を待つが何か様子がおかしい。

乗務員が車内を歩いてきたので尋ねてみると、列車はこの駅で折り返して終着駅までは行かないという。
この先行くなら代行輸送バスに乗るように勧められ下車。
駅前で出発を待っていたバスに飛び乗る。
この時、発車2分前。
次のバスの発車は2時間後。
危ないところだった。
09101507




バスの乗客は私を含め2名。
平日山間地へ向かう便ならこんなもんだろう。
聞けば、台風18号による被災で家城駅~終点伊勢興津駅までは不通。
開通のメドは全く立っていないとのことだった。

列車より時間が掛かったが、何とか無事伊勢興津駅に到着。
09101508




檜で造られた立派な駅舎。
中も綺麗に清掃され、田舎の人の温かみが伝わってくる感じがした。
09101509




バス代行輸送を知らせる張り紙。
何と家城までの列車運行も、この日が1週間振りの再開とのことだった。
まだツイてる!
高校生と同じバスに乗らずに済んで良かったと思った。
09101510




天気は最高。
さぁ曽爾高原に向けて出発。
09101511




しばらく走ると、この日目指す倶留尊山(1038m)、亀山(849m)が見えてきた。
一旦、山の南側を大きく迂回し、反対側から登ることになる。
09101512




約6km走ると奈良県に戻った。妙な気分。
御杖と書いて「みつえ」と読む。
09101513




日陰はかなりひんやりとして火照った身体には気持ち良かった。
09101514




途中にあった、街道市場「みつえ」
09101515




朝から口にしたのはうどん1杯だけ。
お腹が空いてたので何か直ぐに食べれるものは無いかと探したら、、、あったあった。

09101516


最近のトマトは水臭い味のが多いが、昔懐かしい青臭い味のするトマトだった。
美味しかったので6個一気に完食。




伊勢本街道を進む。
09101518




09101517




御杖小学校。
丁度休憩時間中だった生徒さんが「頑張って~」と手を振って応援してくれた。
名松線車内で出くわした高校生達とは大違い。
09101519




いよいよ曽爾村に入る。
曽爾と書いて「そに」と読む。

09101521


この後、集団で走るローディさんとスレ違った。
皆さん気持ちよく挨拶してくれた。
これも周りの景色のなす技か。




前方には鎧岳。
さぁ、いよいよ曽爾らしい景色が見えてきた。
09101528





09101522




鎧岳(894m)。
かなり特徴のある容姿で威圧感たっぷり。
比較的なだらかな地形が多い奈良に於いて珍しい形をしている。
09101523




そしてカーブを曲がると、
09101524




ついに曽爾高原が見えてきた。
(写真奥、白くなってる所)
09101525



この後は曽爾高原に向けて「ハイキング」状態が続くことに。。。
つづく



↓宜しければクリックお願いします↓
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

tag : Brompton 宇陀 四季 輪行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やはり輪行されたんですね。私なら確実にクルマです(汗) 若草山のススキは毎年見に自転車で登っていますが、曽爾高原は2年以上ご無沙汰です。規模が全然違いますねー。

天気も良くて最高のサイクリングだったのではないでしょうか。続編楽しみにしています。

目の毒(笑)

腰痛で全く動けなくなぅてましてね・・・
こういう秋の空が写った旅行記を見ると・・・

10年ぶり位の激しい痛みですが、無職で良かったと心底思いました(笑)

来週少し改善したら別の治療院を探そうかなと・・・

曽爾が輝く季節が来ましたね。 私も自動車に写真機材を沢山積んで、ススキの写真を撮りに訪れた事があります。

一面のススキ野原の彼方に沈む夕陽が、今でも鮮烈に思い出されます。

こんばんは

曽爾高原は15年前ぐらいに車で行ったきり行ってないです。
あのススキの草原いいですねえ~!

ブロンプトンのように簡単に折り畳める自転車は
タイヤはずしたりしなくてよいので、
電車やバスに断続的に乗り継げていいですね。

続きが楽しみです。

No title

曽爾っていい所ですね。
今回は久しぶりの災難と思いきや危機一髪で
良かったですね。^^
それにしても最近の若い奴わっ!^^

曽爾高原への続きが楽しみです。
ちょっとハイキング状態って言うのが気になりますが・・・。^^

jp3pzd さん

休日は「激込」と聞いてたんで平日を狙って実行してきました。
私も曽爾高原は久し振りのことで、幸い天気も良く気持ち良い
サイクリングが出来ました。
若草山を自転車で登られるなんて凄いですよ。
私なんて・・・(笑)
この辺りはまた続きに書きますので宜しくです^^

羽ぴょん さん

あ、すいません。
でも次もじゃんじゃん載せちゃいます(笑)
御容赦下さい。。。
秋は来年も再来年もありますから、今はしっかり静養してその時に備えて下さい。
お大事に。

盛豚 さん

夕陽は綺麗でしょうねぇ。
この日も沢山のカメラマンを見掛けました。
綺麗な景色をみる度、見たままの景色をそのまま写真に撮ってみたいと思うんですけど、
これがなかなか難しくて・・・^^

つりがね さん

私もホント久し振りの曽爾高原でした。
今まで渋滞が嫌で足が向かなかったのですが、今年は自転車があるので行ってみました。
ブロンプトンの折り畳みは慣れれば1分、輪行袋被せるのに1分、計2分あればOKって感じです。
輪行時の車内の様子をまとめたものもありますから良かったら参考(何の?)にして下さい^^
http://narabota.blog56.fc2.com/blog-entry-174.html
私もリンクさせて頂きました。よろしくお願いいたします。

鹿男 さん

今まで曽爾界隈へは道路事情が良くないのであんまり行きませんでしたけど、
これからは行き浸りになるかも^^
列車→バスの乗り継ぎはホント危ないとこでした。
あんなとこで2時間取り残されたら計画おじゃんでしたから。。。
乗車マナーの件は群集心理なんでしょうね。
年齢に関係なく私も気をつけたいと思います。
絶景を見る為にはそれなりの試練が必要なようで・・・(苦笑)
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。