スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小径タイヤを楽に嵌める方法

 
タイヤを指でつまんで、リムの凹んだ部分にビートとチューブを落とし込んでやると、
最後までほとんど力を必要とせず楽にタイヤをはめ込むことが出来ます。
(偉そうに書いてますが、勿論受け売りです)
09070901



先ずタイヤとリムの間に全てチューブを入れることが出来たら、
(少しだけ空気を入れておくとやり易い)


1.とりあえず片側のビートを全てリムに入れます
  この時チューブ内の空気をよーく抜いておくこと。



2.次に反対側のビートをリムに入れていくのですが、
  最後にバルブ部が残ってしまうと、ズレて歪んでしまう可能性があるので、
  バルブの付いたところから入れていくと良いと思います。



3.大方入れ終わったら、最後にかなり力が必要な部分が残ると思います。
  ここでタイヤを指でつまんでリムの凹んだ部分にビートとチューブを落とし込んでやります。
  こうすることでタイヤとリムの間にチューブが噛むことも防げると思います。
09070901



4.つまんで落とし込む作業を何度も繰り返し、
  しっかり落とし込んでやると最後の部分もスッポリ。
  うちの嫁さんでも楽に出来るぐらいです(^^)
  


今更の内容でごく一般的な方法だとは思いますが、
あまりに楽に嵌めることが出来て便利と思ったのでUPしてみました。

最後のはめ込みに苦労されてる方がおられれば一度試しにやってみて下さい。
恐らく今までの苦労は何やったんや?と思われると思いますよ(!)
(私も雪降る中、1時間以上格闘した苦い経験アリます)



この内容と似た話題を、いつもブログでお世話になってる羽ぴょんさんが昨日のエントリーで、6速Bromptonの後輪の外し方と併せて詳しく解説されてます。
6速をお持ちの方には大変参考になる内容ではないかと思います。



↓宜しければクリックお願いします↓

にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

にほんブログ村 旅行ブログへ




テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

tag : Brompton メンテナンス

コメントの投稿

非公開コメント

No title

パンク対策で分厚いリムテープを使ったり2重にしたりすると、
タイヤがはめ難くなるので要注意です。

No title

私も先日このことに気付きました。

タイヤをはずすときはバルブの反対から、つけるときはバルブ側からとビートをリムの間に落としこむことです。

ほんとに苦労せずつけることができました。

やればいろいろ学んでいけるものですね。

Grazie!!

こんばんは

いやー大変勉強になります。
また6速の情報まで有り難うございます。
後で羽ぴょんさんの所も拝見させて頂きます。

もうこれはやるしかないという感じですね。
さりげなくA2Cさんが教えてくださったミシュランのタイヤレバーを探しているところです。

こんばんは

なるほど参考になりました。
ちょっとしたコツが大事なのですね。
先日、タイヤを嵌めこんでいた時に意外と
簡単に嵌まったのですが偶然にリムの凹んだ所に
嵌っていたのですね。

方式違い

こんばんわ。
僕のやり方とは違いますね・・・
もっとも僕の場合は隙間テープを貼ったりしてリムに凹み部分が少なくなってますから
僕の方式では(偉そうな書き方ですけど(笑))
バルブ穴に通したチューブをリムと一緒に持って、タイヤの内側に全部入れてしまってから片側ずつ嵌めていきます。
(この方式だとリムにビードを嵌めて行く時に嵌めていくそばからやった部分が外れてしまうのがほとんどなくて拍子抜けするくらい簡単です)

記事紹介ありがとうございます。
一応、昨日の夜に少し再編集してポイントになるようなところは赤い字で加筆しておきました。
本当はタイヤ嵌めも載せておけばよかったですね・・・

hiro さん

ありがとうございます。
そうですね、このやり方だとその辺り気をつけないといけませんね。
凹んでるといってもそんなに深いものではありませんから。

tac-phen さん

やってるうちに色々コツが分かってくることって少なくないと思います。
そういやこの前こんな話を聞いたことがあるな、、、みたいなことが
ちょくちょく出てくると思いますヨ。
”百聞は一見にしかず”ですかね。
後輪外せるようになると、更にBromptonに愛着が沸いてきませんか(^^)
触れるようになると掃除もし易いし楽しさ2倍にUPアップ(!)

mincoro さん

こんにちは。
はい、やるしかないですよ(^^)
Broの内装は、難しい・厄介だとよく言われますが、一度やってしまうと
恐らく「そんな難しくないやん・・・」と思われると思います。
ママチャリの後輪外す方がよっぽど大変です。
ただ、テンショナーのバネが強いので、取り外し、取り付け時は跳ね返りに重々気をつけて下さいね。
あと、チェーンの通り道も初めは結構迷うと思うので写真に撮っておくことをお薦めします。
タイヤレバー、今、テルミニに在庫あるみたいです。
(でも送料の方が高くつきますよね・・・)

鹿男 さん

こんにちは。
リムの形状が同じならBrmptonに限らず他の車種にも応用が効くと思います。
色んなコツが分かるようになると更に自転車を触るのが楽しくなるんでしょうね。
とにかく触ってみないことには偶然も起きませんし(^^)
こうしてブログにUPすることが自身のスキルアップに繋がってます。
鹿男さんのブログもいつも何かと参考にさせて頂いてますヨ。

羽ぴょん さん

こんにちは。
てっきり一緒だと思いましたが違いましたか、、、。
となると余計に羽ぴょんさん方式を詳しく知りたくなりました。
ご面倒掛けますが写真付きでより詳細な解説記事をリクエストして宜しいでしょうか(笑)
色んな方法を知っておいた方が後で応用が効くでしょ!!

6速Broの後輪脱着記事は珍しいと思ったもので(^^)。
プロフィール

ヤマちゃん

Author:ヤマちゃん
奈良県出身・在住
所有車:Brompton M3L ×2
     :Bruno road mixte

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
金剛山頂ライブカメラ

もっと大きな画面はコチラから
最新コメント
リンク
メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。